会社案内

会社概要

オフィスリングシステム株式会社
Office Ring System Corporation
有料人材紹介サービス 許可番号13-ユー301518

所在地 〒101 - 0051
東京都千代田区神田神保町3-25-11 九段中央ビル6F
電話番号 03-3238-9222(代) FAX 03-3238-9224
設立 2000年9月1日
資本金 1677万円
経営理念 顧客中心主義
取締役 代表取締役社長 弓山桂司
所属団体 一般社団法人HRM協会
神田経営者クラブ
女子教育奨励会
事業内容 1)有料人材紹介サービス
2)OAサプライ用品の通信販売
3)セミナーおよびイベント

社長あいさつ

“Think Globally  Act Locally”

グローバルな視野を持ちながら活動している優秀な人材を、より広い企業にご紹介している会社です。これまで、海外勤務、海外留学、外資系企業経験者など、ビジネスレベルでの外国語をベ-スにプロフェッショナルとして本格的に活躍できる豊富な求人案件の実績があります。一緒に相談しながら、あなたの転職が真の天職に活かされるように誠実にお手伝いをします。

現在、どの企業もIT人材不足が非常に深刻ですが、日本を初めアジア各国の優秀なIT人材にもっと活躍の場を広げて弊社の求人情報を提供することにより、素晴らしい技術の情報交流と異文化間コミュニケ-ションや互助精神を学びとることができます。

最後に、国内および海外での奉仕活動を通じての人的交流を図りつつ、日本と海外との人材的な架け橋になれるよう日々努力いたします。

Greeting

“Think Globally, Act Locally”

The purpose of the company is to introduce excellent and capable professionals thinking globally and act locally for our valued corporate customers . The candidates we introduce have a wide range of experiences of working for global companies or studying abroad . We are committed to serve the high-quality candidates and sincerely cooperate them to the career-up positions.

Our vision is to provide more opportunities for IT professionals including Japanese and Asians amidst the shortage of IT professionals in Japan. By exchanging technical opinions, cross-cultural communications, we further enhance the true friendship and mutual trust beyond the countries.

Finally, we will make constant efforts to build the human-resource bridge between Japan and other countries by global volunteer activities as well.

21世紀はアジアの時代と言われています。それは全世界の半分以上の人口をアジアが占めているからです。特に中国およびインドは10億以上の人的資産があり、経済発展の源になるでしょう。日本はアジアの中でも技術的にも経済的にも最も発達した国であり、技術革新の中心的存在であります。
インタネット技術革新のお陰で国境を越えて情報が日常飛び交っておりますが、海外での情報が瞬時にわかる世の中です。そのようなボ-ダレス社会においてグロ-バルな人材が適職としてのポジションに就くことにより、より生産性とサービスの向上に繋がるものと確信しています。

=現状におけるグロ-バル人材の問題点=

・海外工場長として長年活躍された方が、工場閉鎖になった。
・外資系企業役員が突然帰国することになった。
・企業のM&Aにより、海外営業部門がなくなった。
・ビジネス英語力があるのに社内でそのポジションが活かされない。
・外国籍ITエンジニア求人ポジションが少ない。
・帰国子女のために通訳だけさせられていてキャリアとして活かせれない。

以上のような問題を抱えている求職者に対して、先ず現状問題を洗い出し、解決の糸口をコンサルティングしながら、最も適切な求人案件をご紹介いたします。

これからは大企業だけでなく中小企業やベンチャ-企業にもダイバ-シティ概念は重要です。いまこの国で、日本と諸外国との異文化間コミュニケーションが積極的に図られ、より創造的な社会に貢献する人材が益々必要になってきています。

転職はご縁ですので、転職希望者にとりましては数多くの企業から最終的に1社に絞らなければなりません。よって慎重にかつ大胆に自分を知り、上手に売り込んでいく必要があります。その際に転職アドバイザ-は、何でも無料相談できる貴方の心強いパ-トナ-となります。弊社は専門の転職ITコンサルタントとイメージコンサルタントの両面からの協力をしてサポ-トいたします。

みなさま転職者の潜在能力を、さらに磨き上げて差し上げられるのが当社の自慢です。必ず満足のいく企業が見つかるまで、とことん一緒に喜び悩みあいながら、今日から本当の自分探しの「天職」の旅に出発しれください。最高の笑顔を共有しましょう。「輝く自分」をイメ-ジして遠慮なくノックしてください!

オフィスリングシステム株式会社
代表取締役 弓山桂司

President’s message

This century is regarded as Asian era. That literally indicates that Asian population occupies half of the world. China and India are the two giants, each having over 1 billion human assets, which fuels their economic development among other advantages.

Japan has been said to be the most economically developed country with technological innovation. But, in this age of information, being global minded is essential.People enjoy the up-date information over Internet and get the world news instantly. Under such circumstances, right people in the right place can truly contribute to the development of the company he or she is working for which in reality brings development of the society.

Problems for the global-minded candidates:-
1) Sudden lay off of Managing directors of the overseas factory
2) Replacement of Directors of overseas companies
3) The sector closed by M&A
4) No suitable positions to use English
5) Less number of positions for Non-Japanese IT professionals
6) Interpretation job only for the candidates who lived long overseas since childhood

We are willing to give a helping hand to the global candidates by problem-solving consultation.
It is necessary for corporations to adopt the conception of diversity. There are more needs for recruiting the candidates of intercultural communication with other countries.

Changing job needs timing. Since the candidates should finally decide one position from a number of available options, they need to know themselves and appeal the potentialities to the target companies. We are the best partner for the candidates to find out the most suitable position.

Our professional consultants will be able to level up and brush up the candidates leading to the bright future. We enjoy sharing everything with them.
Today is an initial day for your true “Calling”.
Why don’t you share with happy smile?
Knock the door of your bright future.

転職コンサルタント紹介

弓山 桂司

弓山 桂司1959年 大阪生まれ。大阪外国語大学英語科入学後、大学3年次、ECC主催英語弁論大会関西地区代表。大学4年次に1年間、私費で、南フロリダ大学国際関係論を学び帰国後、大阪外国語大学卒業。卒業後、シャープ株式会社海外事業本部勤務。その後、貿易商社のインターコンチネンタル商事株式会社取締役を経て、私費でサンダーバード大学院MBA取得。

ミサワホーム総合研究所から出向し、経済産業省および文部科学省共管の国際メディア研究財団(当時、元シャープ副社長の佐々木正氏が理事長)を設立し、事務局次長。メディア分野における産学協同研究の運営統括。その後、アイデアスパーク株式会社創業、インターネット上で個人のアイデアを企業に橋渡しするシステムを構築およびベンチャー支援事業。現在、アジアIT人材紹介を主たる業務のオフィスリングシステム株式会社代表取締役社長。

2006年1月、バングラデッシュ首都ダッカ大学で「日本のIT事情に関して」講演。「女劇TOKYO23KU」ボランティア企画および活動を行った。

(各種団体)
 ●一般社団法人HRM協会理事長
 ●神田経営者クラブ
 ●女子教育奨励会

(著書・執筆)
 ●「熟年マーケット(PHP出版)ソフト化経済センター研究員として執筆
 ●「ベンチャービジネスの動向」(通信工業)執筆
 ●「アントレ」創刊号協力

肥田野 正輝

肥田野 正輝東京工業大学修士課程卒。NEC中央研究所を経て、半導体設計ツールのベンチャー企業にCTOとして参画、シリコンバレーにオフィスを立ち上げ、現地エンジニアを採用。後に米国半導体ベンチャーに転職。2005年に独立。


モハメド アリ アシュラフ

モハメド アリ アシュラフ1967年、バングラデシュの首都ダッカのジャマルプルで生まれる。

ダッカ大学で2年間BSC(BACHELOR OF SCIENCE)を取得後、1986年6月に来日。1年間、日本外国語専門学校(JAPAN FOREIGN LANGUAGE INSTITUE)で日本語を勉強。その後、早稲田大学専門学校でビジネスマネージメントを2年間勉強。日本IMD(帝人グループ)のICS英会話スクールのシステムアドバイザーを担当。その後、日本ブリタニカ株式会社の語学・英会話関連プログラムに関する事業に携わり、株式会社アイテック取締役、共同事業、貿易関連事業にも携わる。

2003年、テイーアンドテイーカンパニーリミテッド有限会社設立、貿易、関連事業、現在に至る。

2000年12月~2004年6月、NPO法人BEDA、バングラデシュ経済発展協会の理事として、バングラデシュの経済発展に関するボランティア活動を行う。